煎茶 朝露(あさつゆ) ~爽やかさと旨味のが妙なバランスの緑茶~ | sakurabase

1/10

煎茶 朝露(あさつゆ) ~爽やかさと旨味のが妙なバランスの緑茶~

¥ 1,080 税込

※この商品は最短で3月6日(土)頃にお届けします。

別途送料がかかります。送料を確認する

煎茶 朝露(あさつゆ) ~爽やかさと旨味のが妙なバランスの緑茶~

天然の玉露とも呼ばれる希少品種「あさつゆ」の特徴である
綺麗な緑の水色と、甘みのある味が評判です。

★2本までクリックポストにて発送できます。

あさつゆは昭和15年、国立茶業試験場で選抜育成した品種です。
天然玉露とも呼ばれ、水色は鮮やかな緑色で渋みが少なく、甘い香り立ち、マイルドなコクと優しい香りが特徴です。
生産数量が少ない希少種で、その鮮やかな色とまろやかな甘味から「天然玉露」と呼ばれています。
お茶はやぶきたという品種が一般的ですが、やぶきたとは全くタイプの違う味のお茶です。

--------茶蔵のオリジナル煎茶--------
茶蔵をプロデュースする桑名園本店は、明治20年山形県の高畠町で創業いたしました。
初代が茶の行商を始め、以来百余年お茶一筋に歩んでまいりました。
美味しいお茶を飲んでいただきたいとの想いで、ようやく探し求めていたお茶に出会いました。
それが「あさつゆ」という品種のお茶です。

以前は「やぶきた」という品種がお茶の偏差値の物差しになっていました。
高度成長時代の大量生産、大量販売に「やぶきた」はうってつけの存在でした。
農家は規格化・標準化され、テストで高い得点が取れる「優等生」づくりを目指してきました。
そうすることが農家にとっては一番良い方法で、産地もその後押しをしてきました。
収穫量が多く、病気に強く、栽培しやすいといった生産者の都合が消費者にも都合がよかったのでしょうか。
結果としてやぶきた一辺倒の品種構成が香味の画一化に拍車をかけ、お茶の個性・産地の特徴が失われてしまいました。

お茶は嗜好品であり、そういう意味では個性のあるいろいろな品種のお茶から自信を持ってお勧めできるとたどり着いたのが「あさつゆ」なのです。

茶蔵の煎茶は全て「あさつゆ」です。

試行錯誤を繰り返し、ようやくデリケートな品種ですが「あさつゆ」の美味しさを100%引き出せる仕上げにたどり着きました。

爽やかな香り、鮮やかな緑色の水色、まろやかなうまみと独特な甘みの「あさつゆ」
茶蔵のオリジナル煎茶をお楽しみください。


◆美味しいお茶の煎れ方◆(煎茶)

・茶碗にお湯を8分目ほど入れて湯冷ましします(約70℃)

・お茶の葉を急須に入れます。(大さじ2杯分)(5人で約10g)

・湯ざまししたお湯を急須に注ぎます。

・30秒くらいお茶が浸出するのを待ちます。

・お茶を注ぐ分量は均等に濃淡のないように廻し注ぎ最後の一滴まで絞り切りましょう。

・できあがり

・2煎目は冷ましたお湯を入れてから10秒くらい待って注ぎます。
-----------------------------------------------------
■内容量
100g

■原材料名
茶葉

■賞味期限
製造後1年

■保存方法
高温多湿を避け、移り香にご注意下さい。

■おもな原産地
宮崎産・鹿児島産

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (0)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥ 1,080 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品